埼玉県熊谷市のストーンボックス 隕石系特集

  • HOME
  • 隕石系特集

大気圏突入の衝撃に耐え、音速をはるかに超える速さで地球に到達する隕石。隕石は原始太陽系で生まれた小天体の塊で、含まれる鉄、ニッケル合金、ケイ酸塩鉱物の割合から「鉄隕石」「石鉄隕石」「石質隕石」の3種に分類されます。 惑星が誕生したとされる約45億年前に生まれ、偶然と奇跡を経て燃え尽きることなく飛来した隕石は地球上で最も古く貴重な鉱物と言えます。また、隕石衝突による激しい衝撃変成作用で地表の融解、高熱・高圧への変化などが起き、蒸発気化した地表の鉱物が再び固まったものが隕石由来の天然ガラス質鉱物となります。

隕石

◇ギベオン 隕鉄
レア度: ギベオン隕鉄は、ナミビア共和国の“ギベオン”という砂漠地帯で発見された事からそう呼ばれています。成分は主に鉄とニッケルで、冷えて固まる際に形成されたウィドマウシュテッテン構造という独特の模様が特徴です。 隕石の質量自体に限りがあるため、今後新たに採掘される事は少なく、人から人へ渡るだけとも言われています。その為どんどん希少な石になっていくでしょう。  自己認識レベルを高め、あらゆる問題を解決し、物事を正しい方向へ導くパワーを持つと言われています。ですので、経営者や指導者におすすめの石です。

【人気ポイント】  ギベオン隕鉄には「ウィドマンシュテッテン構造」と呼ばれる不思議な模様があります。これは100万年以上かけて形成された模様だと言われています。とても美しく、個性的で神秘的な魅力が、この隕石の人気のポイントです。

◇カンポデルシエロ 隕鉄
レア度:★★ カンポ・デル・シエロは、アルゼンチン共和国の北部、チャコ州グランチャコに落下した隕石で、1576年スペインの探検家が発見しました。隕石は大きくわけて石質隕石と石鉄隕石、鉄隕石の3つに分けられます。成分は、鉄92.5%、ニッケル6.68%と、鉄とが大部分を占める「鉄隕石」に分類されます。その中でも「オクタヘドライト」という分類に属します。  炭素測定法で計測すると、落下時期は約4000年前~6000年前くらいだそうです。  疲れを取り、パワフルに行動できるパワーを与えてくれますので、大きな壁を乗り越えなくてはならない時、ここ一番の時などに助けてくれるでしょう。

【人気ポイント】 カンポ・デル・シエロは落下中に空気の渦が表面に出来て、大気との摩擦で溶けたり、表面に丸みを帯びたくぼみができたりします。 この隕石が大気圏降下時に受けたダメージの形は、宇宙の神秘と壮絶なパワーを感じさせてくれます。大きなものは博物館に飾られ、小さなものがペンダントやイヤリングなどの装飾品としてとても人気の高いアクセサリーとなりました。

隕石系

◇モルダバイト
レア度: モルダバイトはテクタイトの一種です。テクタイトとは、隕石が地表へ落下した際に起こる衝撃で、物質が融合して形成された天然ガラスの総称です。宇宙と地球とのエネルギーが融合した、美しいグリーン色をした素晴らしい物質です。  ドイツのモルダウ川で最初に発見されたことから、モルダバイトと名付けられたと言われています。  自分の存在意義を明確にし、高いヒーリングパワーを持ちます。何故ここに生まれたのか?誰に必要とされているのか?自分の進むべき道を教えてくれるでしょう。

【人気ポイント】  深いグリーン色がとても美しく不思議なモルダバイト。自分の生き方に疑問を持ったり、生活にどことなく違和感を抱いていたり、周囲との疎外感を癒すヒーリングストーンです。恐怖心やトラウマ、理由の分からない不安感を和らげてくれるので、お守りとして身につけると良いでしょう。

◇リビアングラス
レア度: 淡く上品なイエローの美しさのリビアングラスは、エジプト西部で採れる天然ガラスです。モルダバイトと同じように隕石の衝突による融合により形成されたものと言われています。(※モルダバイト参照)  ツタンカーメン王の墓の財宝から出土したスカラベがリビアングラスであったことから、古代エジプト人たちにとっては特別な力の宿る重要な石だったのではないでしょうか。 近年、エジプトの政府がリビアングラスの収集等を禁止したようですので、今まで以上に入手困難が予想されるでしょう。

【人気ポイント】  過去の失敗や罪悪感を癒し、和らげ、心を穏やかに静めるパワーを持ちます。また心身を調和させストレスを軽減し、リラックスさせる効果があります。  高いヒーリング効果を持ちますので、自分らしさを引き出し、進むべき道へと導いてくれます。とても希少ですので、人気の高いヒーリングストーンです。